§ 鎌倉 小町 §

鎌倉小町336


先日、神社系骨董市を徘徊して見つけた薬瓶。


どうって事は無い瓶。ガラスのキャップも無くなっていて、
普通なら持ち帰りはしないモノだけど、この白ペンキで書かれた
「ショゥニカ」に心躍らされ、
「カマクラ コマチ」で
ノックアウトされてしまいました。


鎌倉は好きで良く散策に行くのだけれど、
あの小町通りだけはどうにも好きになれない。
この瓶の文字や雰囲気からは、
古き良き時代の鎌倉小町が想像出来てホッとしたのです。

§ posted by jk at 2006年12月20日 §
| Comment(0) | TrackBack(0) | ・瓶もの | [ブログ村]アンティーク・レトロ雑貨ブログ集 |

§ 世田谷ボロ市2006へ行く §

名物 ボロ市饅頭


本日は世田谷ボロ市へプラプラと足を運んでみました。
期待を膨らませつつ、名物ボロ市饅頭(↑の写真)をぱくつき、
ジャンボ焼き団子を頬張りつつ、掘り出し物を物色。


生形製薬所 ビフー水 黄金トラの目薬


好きでマッタリと集めている昔の薬瓶。
昔のガラスは製造方法が稚拙故に気泡が入ってしまったそうです。
現在では歪みも気泡も全く無いスッキリガラスが当たり前ですが、
気泡ガラスは温もりを感じる事が出来て好きです。


左:生形製薬所・ビフー水
全長10センチのデカイバージョンは既に所有していた。
これは7センチの小さいバージョン。化粧水らしいです。ビフー水。
美しい婦女の水=美婦水=ビフー水???なのか!??
現在では知る術無し。


右:生形製薬所・黄金トラの目薬
首長がこの瓶の肝。凄くグッと来た。
また、この瓶は一隅に凹みが付いている変わった形。
目薬の瓶と言う事で、持ち易さに拘った物なのか?人間工学なのか?
黄金の文字が右から書かれており、大正・昭和初期〜の物と思われる。


豆盆栽鉢


とても可愛いサイズの豆盆栽用の鉢3点です。
なんと右端の物で3.7センチx3センチ!という小ささ。
お店には小指の先程の極小悶絶サイズの鉢もありましたが、
きっと使い道に困るであらう。という理由で購入しませんでした。
この3点にはコンモリと山苔を植えようと思っています。


世田谷ボロ市

§ posted by jk at 2006年12月15日 §
| Comment(2) | TrackBack(0) | ・瓶もの | [ブログ村]アンティーク・レトロ雑貨ブログ集 |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。